Trailer (Cinematic) - Moleman 4 - A video game movie

映画を購入:

Vimeo on Demand

Delux Edition: 30% OFF: $12.99 $8.99

from $125

Read more about Moleman 4 and watch the film

In 1983 video game development began in Hungary on an industrial scale still under the Soviet influence. While in the Western nations at that time we can only speak of handfuls of bedroom developers in Hungary on behalf of Novotrade already more than 150 people were developing games for Commodore 64, ZX Spectrum and other types of computers. Due to the Iron Curtain the computers used for developing several times had to be smuggled in through the borders. Despite the difficulties posed by the circumstances as early as 1983 the Hungarian developers evinced such a high level of technical brilliance that even Jack Tramiel, the legendary leader of Commodore, decided to pay a visit to Hungary to meet with them.

As far back as 1984 the British newspaper The Times reported that ’’Western computer stores are clearing room on their shelves for Hungarian products…” Hungarian developers released such world-famous games as the ’Scarabeus’ (‘Invaders of the Lost Tomb’) for instance which probably was the very first 3D image-tear free, first person labyrinth game to appear on C64. Or there was the ‘Impossible Mission II’. And as it turns out the Hungarians are to be thanked for the creation of the ‘The Last Ninja’ too. Eidos’ later president, Ian Livingstone, too, started to develop his first video game with the help of Hungarians. What’s more, it’s quite possible that the first video game developed in Europe and released in Japan as well was the Hungarian ’Traffic’ which Sony released for MSX in 1986.

Hungarians developed games for Nintendo’s console as well with no official development kit at their disposal that no one in the world, let alone Nintendo, could comprehend how they actually managed to pull off. The Hungarian games were released by companies such as Activision, Epyx, Commodore, Konami, Virgin, Sony, etc.

The link between the international publishers and the Hungarian video game company Novotrade was Robert Stein of the Andromeda Software who fled to England from Hungary in ’56. Incidentally, it is thanks to Robert Stein that Tetris got introduced to the West.

According to SEGA in the middle of the 90s Novotrade running under the new name of Appaloosa Interactive became the biggest independent studio for game development at the time. During these years Hungarian developers have produced such world-famous games as ‘Ecco the Dolphin’, ‘Adventures of Batman & Robin’, ‘Star Trek: Deep Space Nine – Crossroads of Time’, ‘Contra: Legacy of War,’ ‘Lost World: Jurassic Park’, etc.

映画を購入:

Vimeo on Demand

Delux Edition: 30% OFF: $12.99 $8.99

from $125

予告編

プレーヤーの右下にある「CC」ボタンで字幕を選択できます

映画を購入:

Vimeo on Demand

Delux Edition: 30% OFF: $12.99 $8.99

from $125

著名開発者が語る「Moleman 4」

プレーヤーの右下にある「CC」ボタンで字幕を選択できます

映画を購入:

Vimeo on Demand

Delux Edition: 30% OFF: $12.99 $8.99

from $125

撮影の舞台裏:「Moleman 4」のメイキングを見る

映画の未公開シーンを見る

テトリスを発掘した男

1956年、ロバート・スタインは数ヵ月にわたる移動の末、ハンガリーからイギリスへと亡命。イギリスに入国してからも、家族とともに永住地を求めてあちこちを転々とする日々が1年半ほど続いた。
スタインが興味を持っていたのは、コンピューターサイエンスの分野。なかでも、チェスコンピューターの多様な世界に大いなる魅力を感じていた。居が定まるとすぐに、彼はSciSys社でセールスマンとしての職を得る。これは1978年に設立され、チェスコンピューターなどを扱っていたイギリスの企業だ。
そして、かつてより親交のあったジョン・バックスターがコモドール・イギリス支社の営業部長に就任すると、2人はハンガリーに向かい、ガーボル・レーニと面会。ハンガリーでコンピューターゲームの開発の基盤を築き、当時発売されたばかりのホームコンピューター、コモドール64向けのゲームを作ってほしいと依頼する。ハンガリーのゲームソフト開発企業ノボトレードと、スタインが設立したイギリス企業アンドロメダ・ソフトウェアの長きにわたるコラボレーションは、ここから始まった。
また、スタインはソ連で開発された「テトリス」の価値に、いち早く気付いた人物でもある。現在、世界中で知られる存在となったゲーム誕生の陰には、彼の知られざる尽力があったのである。

ララ・クロフト誕生秘話

イアン・リビングストンとスティーブ・ジャクソンは、1975年にゲームズワークショップ社を設立。設立当初はオフィスを借りる資金がなかったため、自宅であるアパートの部屋で注文を受けていた。しかし、おびただしい数の小包と、企業をゲーム販売店と勘違いしてアパートに入ろうとする人の数が増えたことで、ほかの住民からのクレームが殺到。強制的に退去させられる結果となった。この経験から自宅よりもオフィスを借りるほうがいいと学んだ2人は、ジャクソンのミニバンに移り住むことにする。
80年代初頭、2人はゲームブックシリーズ『ファイティング・ファンタジー』を共同制作。その後、リビングストンはハンガリーの開発チームの協力を得て、コンピューターゲームの分野に乗り出した。90年代、リビングストンはイギリスのゲームソフト制作会社、アイドスのエグゼクティブ・チェアマンを務め、「トゥームレイダー」や「ヒットマン」などの開発を指揮している。

ハンガリー流「納期に間に合わせるテクニック」

「メーカーの指定した納期が厳しすぎて、仕様通りに完成させることができなかった」 このような状況は、現代のゲーム開発の現場でも頻繁に発生する。発売から数ヵ月後になって必要な修正やパッチをリリースすることも決して珍しいことではない。
80年代、ハンガリーの開発チームは、未完成の製品を“メーカーに未完成だと気付かれずに”納品することに成功している。それは、フェレンツ・ティレシュが自身初となるゲーム「ホワイト・ヴェイパー」の開発に取り組んでいた時だ。彼は、プロジェクト自体をつぶしかねない難しい状況に直面していた。

幻の「スタートレック」ゲーム

デジタル・リアリティ社の開発した「インペリアムギャラクティカ II」は、ハンガリー製ゲームの最高傑作として有名だが、同じ開発チームが「スタートレック」のゲーム制作に取り組んでいたという事実はあまり知られていない。プロジェクトは2003年にアクティビジョン社からの依頼を受けて始まったものの、数々の契約上の問題が発生し、中止が決定。お蔵入りとなったゲームは、見事な出来栄えだったという。
『Moleman 4』の撮影中に目撃したこのプロジェクトのビデオには、さまざまな異星人の宇宙船のほか、伝説の宇宙ステーション、“ディープ・スペース・ナイン”も映っていた。さらに驚きだったのは、そこにスタートレックの映画作品やドラマシリーズには登場しない、まったく新しい異星人がいたことだ。

ソ連とおもちゃの鉄砲

ゲーム開発の創生期、ハンガリーはソ連の大いなる影響下にあった。80年代にソ連の派遣団が複数回にわたってブダペストを訪問した際、コンピューターゲームの開発会社であるノボトレードも視察を受けた。おそらく、派遣団はゲーム開発になど何の興味もなかっただろう。しかし、何であれこのような視察には危険が伴う。開発者が命の危険を感じながらゲームの説明をする場面もあった。
次の映像では、この危険な視察を生き抜いた1人、アンタル・ゾルナイが当時の様子を語る。

さらに未公開シーンを見たい場合は、映画を購入して、Moleman制作チームをサポートしてください。

映画を購入:

Vimeo on Demand

Delux Edition: 30% OFF: $12.99 $8.99

from $125

「Moleman 4」のオリジナルサウンドトラックを聞く

オリジナルサウンドトラックを購入するには、こちらをクリック

映画を購入:

Vimeo on Demand

Delux Edition: 30% OFF: $12.99 $8.99

from $125